top of page

もうひとつの箱庭ハーブガーデン

こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこ


更年期ママが笑顔を取り戻す

暮らしのサポーターです。




お客さまから依頼を受けて

箱庭ハーブガーデンを作っています。


夫の協力のもと、昨年12月に

箱庭ハーブガーデンをプロデュースし


冬場の寒さのなか

ハーブを養生しています。


ところが、ある日、

仕事帰りの夫が、

またワイン箱を

買ってきてくれました。



それも、普通のサイズの半分。


普通のワイン箱だと重いから

持ち運びが難しいだろうと

考えたそうです。


出来立ての箱庭ハーブガーデンを

日当たりの良い場所に

動かそうとしたけれど

確かに、重たくて持てなかった..


それで、2 個買ってきてくれたんです。


ちょうど、その頃

私は体調を崩して熱を出していたので

しばらく、ふたつのワイン箱は

寒い廊下に積まれていました。



ようやく動き回れるようになった

頃合いを見計らって


夫が、廊下に積まれていた

箱ふたつにニスを塗り

ベランダまで運んでくれていました。








前回は無色のニスでしたが

今回は気を利かせて

オールナッツ色です。



ワイン箱に書かれていた

フランス語を調べてみました。


フランス左岸のボルドーワイン産地にある

ワイナリーから出荷された

ワイン箱のようです。



ワインの名前は Château Citran


シャトーシトロンです。



公式ホームページはシックで

物語のように素敵でした。 いくつもの歴史が重ねられて

今あるワイナリーのようですね。


ところで、

苗は 2 セット購入してありました。


暖かな日を選んで

ベランダでガーデニング。


背中でポカポカと

お日さまを受けながら

もうひとつの箱庭ハーブガーデンを

仕上げました。


ハーブは生き生きしてますが


真冬だから

まだ新しい土の中でじっとしてるだけ。


春がやってくれば

きっと根が張り出して

新緑が見られるのももうすぐです。


しっかり根付いたら

お客さまの元へお届けしよう。







アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし

起糸でした。


バイバイ。



Comments


bottom of page