top of page

クリスマス休暇


こんにちは、たかこです。



昨年のクリスマス休暇に、山の家へ遊びにやってきました。



山にやってきて、まず確認することがあります。


それは、山あいを流れる清水の量です。


いつも、川面まで降りて、あちこち探検するのが大好き。


去年は雨が多く、山へ遊びに来るたび、いつもの河岸が水に埋もれてしまっていて、探検も早々に引き上げてしまい、残念でなりませんでした。


それに、山あいの清水は、雨が降ると、途端に濁ってしまって、美しさのかけらも見られない。




水かさは道中、車窓から確認することができるんです。


今回は、普段よりも水かさは少ない様子でほっとしました。




山の家に到着すると、すでに、お昼を過ぎていましたが、駐車場は霜が降りたまま、真っ白。







車から出ると、山の空気は冷凍庫のように冷えていました。


庭へ回ってみると、もみの木にしずくが陽の光にきらめいて、キラキラして、とても美しいので、写真を撮りました。


でも、よくよく見てみると、なんと!氷でした。


山は本当に寒いんですね。








山へやってきた翌日の朝、コーヒーが入るまで、待ちに待った探検に出かけました。


しばし、清水のほとりで過ごしてからキッチンに戻ると、すでにコーヒーは出来上がって、夫がランプの火を消してくれていました。



それから、朝ご飯のためのホットサラダを仕込んだり。



そして、庭先で大きくしげっているびわの葉っぱをたくさん収穫したり。


秋にやってきた時に、早々と花を咲かせていたびわの木でしたが、その後もたくさんの花を咲かせていました。


花は終わりを迎えていましたが、ひと枝だけカットしてきました。


びわのお茶として、自宅で楽しんでみたいですね。



それから、1 年前によもぎの横に同じよもぎぎく属のタンジーというハーブを植え込みました。


タナセタムというと、分かる!と言う方が多いかなと思います。



それが、夏によもぎの中に紛れ込んで、それっきりになってしまい、


きっと、よもぎに負けて消え失せちゃったかなぁと心配していたら、


タンジーの若芽がいっぱい生えていて、びっくり。


さすが、よもぎぎく属!


今年こそ、花を見せてね。







夜になれば、夫が作るダッチオーブンのチキン料理を堪能したり。




山の家の暮らしは、下の動画にまとめてみましたので、良かったら、お楽しみください。









実は、山の家にやってきたのは、あるミッションのためでした。



クリスマスの後に、家の壁面の洗浄を業者に委託していたんです。


山の家にとって、初めての壁面洗浄。




洗浄液が植物にかかって、植物がダメになってしまうという注意を受けていました。



壁面に接している植物が、確かにあります。


それは、山の家ができた時に植え込んだ、クリスマスローズでした。



クリスマスの時に花を咲かせるということから、その名がありますが、


日本ではクリスマスに花を咲かせることはありません。花が見られるのは春先です。








かれこれ 20 年くらいは、毎年、春先に大きな花を咲かせてくれます。



どこでも見られる白と、ワインレッドの 2 種です。


花の時期がとても長く、春咲いたまま夏まで越します。


その頃になると、白の花いろは緑色になって、造花のように美しいです。








思い出もたくさん詰まっている、とても大切なクリスマスローズ。



そのクリスマスローズを、洗浄液から守るべく、クリスマス休暇を取って、私たちは山の家を訪れた訳です。




ガーデナーに人気のあるクリスマスローズですが、


実は、クリスマスローズは、その昔、吐剤として使われてきた毒草です。


特に根っこが危ない。素手で触らないよう、軍手をつけて作業しました。



(私はいつも大地に触れたいので、素手でガーデニングします)








クリスマスローズの株はとても大きく成長していました。



大きな植木鉢に 3 個になんとかおさまって、植え替え完了。



ただ、雨が降らない限り、植木鉢に水を与えてくれる世話人はなし。



帰りがけに、水やりはしてきましたが、その後が心配ですね。









山の様子はまた次回にゆずるとして。



また、次回お会いしましょうね。






アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし

起糸でした。


バイバイ。






Comments


bottom of page