top of page

はじめての薬膳茶と茶菓 8 月


こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこ


更年期ママが笑顔を取り戻す

暮らしのサポーターです。



薬用植物園に通うようになり

アロマやハーブに

由来する植物だけでなく


生薬や漢方の原料になる植物を

観察するようになりました。


そこから、中医学に興味を持ち

お茶から入ってみようかと


6 月から薬膳茶を習いに

中医学の学校へ通いはじめています。



今日は、


真夏にピッタリの薬膳茶と

薬膳菓子について


いろいろ書いていきたいと思います。




今回習った薬膳菓子は


先生いわく、

さおものというお菓子でした。


さおものとは、


羊かんなど、細長い棒状のお菓子で

カットしていただくものです。


さおものとして


・ねり羊かん

・外郎(ういろう)


この 2 種類の調理実習をしました。




どちらもあんこが命で

ういろうは梅酢を使った

バイカラー仕立てでした。










羊かんは寒天の量から

ふたつに分けられ


水羊かんとねり羊かんがあるとのこと。



寒天を使わない羊かんもあり

蒸し器で蒸すため

蒸し羊かんと言います。



今回学習した羊かんは


寒天の量が多く

しっかりと固める

ねり羊かんでした。


糖度が高いため

1 年くらい日持ちするとのことで


戦時中は、

兵士の非常食にもなったそうです。




羊かんはその昔中国から渡ってきました。


大陸では羊の肉の

とろみのあるスープでしたが


日本では羊の肉は常食とされず

徐々に形が変わってきて


羊の漢字だけは残され

今の羊かんになったそうです。




面白いですよね〜。













ところで、


びっくりするくらい

薬膳茶が美味しかったです。


緑豆と薄荷のブレンドティーでした。


これはぜひ

家でも作ってみたいですね。



薄荷茶は袋に詰まっていたのですが

学名の記載はなかったようです。



8 月中旬に行ってきた

東京都薬用植物園にある

漢方コーナーで薄荷がありました。






東京都薬用植物園から

以下、引用します。


ハッカはシソ科の植物です

生薬名 薄荷


薬用部分 地上部

用途 漢方処方用薬


成分 精油( l-メントール等)

原産地 日本 東アジアの温帯


かゆみ止めの民間療法として

虫さされなどに生薬をもんで

患部に塗布します。


陰干しした全草を入浴剤として

利用することもあります。




調理実習した薄荷茶は

上記の引用文にもあるように

アルベンシスミントかと思われます。


アルベンシスミントというのは

アロマの世界では

日本薄荷を指します。


今回、


調理実習で習った薬膳茶は

日本薄荷を取り入れたのでしょう。








話しは変わりますが、


クラスメートには

九州からも飛行機で来ている方がいて


薬膳コースも通っており

月に 3 回は東京に来ているとのこと。


とても驚きました。



また、


10 月開講の薬膳コースを

控えている方もいました。


私などは 4 月開講しかないものと

思っていたので


その情報は寝耳に水でした。


薬膳茶や薬膳菓子の原料にも

中医学的メモが記されたレジュメを見れば


薬膳... 確かに気になりますね。


私も考えてみたいと思います。





後日、今回習得した薬膳茶を使い

アレンジしてみました。


下の記事からご覧いただけます。










お日さまと土と風と水を感じながら

植物と共にある暮らしに癒されて


アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし


起糸でした。


バイバイ。




Commenti


bottom of page