top of page

3 月の山の家の様子 その 3

こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこ


更年期ママが笑顔を取り戻す

暮らしのサポーターです。


今日は、山の家の庭に植えたミント類の

春の様子をお伝えしたいと思います。


山の家はほんの時折

骨休みにやってくる

ウィークエンドハウスです。


母の形見であった車を

田舎の少年団にイタズラされて以来

車を所有することをやめました。


現在は、レンターカーで移動です。


そんな具合で


なかなか思うように

やって来れない状態が続いています。


山の家の庭を

ハーブガーデンにしたいのは

山々なのですが


常々、世話ができず


強靭なハーブも

雑草の嵐になかなか根付けず

うまい具合に庭作りができずにいます。


それでも

最も日当たりが良い場所を選んで

昨年の秋口に植え込んだミント類など


ここへ訪れるたびに

真っ先に生育状態を見に行きます。







奥間にある小さな畑に

猪や鹿など野生の動物たちの

小さな足跡を見つけるたびに


これでは畑も作れないと考え


境界線をミント類のやぶを作ろうと

夫と一緒に考えついたんですね。


何しろ、虫除けにもなる

強いミントの香りは

きっと野生の動物たちも

避けて通るに違いない。


そう目論んだ次第です。


それで、

昨年の秋口に苗を購入した訳です。


植え込んだのは次のミント類です。

・ペパーミント

・モロカンミント

・ベルガモットミント


・レモンバーム


レモンバームはミントではないのですが

気づいたら、夫が植え込んでいました。


きっと、レモンバームが好きなんですね。


ミントと言えば、日本ハッカです。


日本ハッカは我が家の小さな庭先で

プランターで育てていたので

山の家に持ってこようと 

目論んでいたのですが..


いつの間にか株がなくなっていました。


ミントは増えすぎると

アポトーシスを起こして

自滅するそうですね。


自然に組まれたプログラムです。


日本ハッカというのは

アルベンシスミントのことですね。


キリリとした香りと

細い葉っぱが特徴ですね。




最も日の当たる場所に植え込んだ

ハーブたちの様子です。




上がペパーミントの写真です。



上がモロカンミントの写真です。



上がベルガモットミントです。



上がレモンバームの写真です。






どのハーブも

ぐるぐるっと新しい芽を巻いて

むくむくと土の中から生まれていますね。


昨年のクリスマスには

ベルガモットミント以外は

どうやら生きている様子でした。


ベルガモットミントはダメかな..


そう感じていたので

今回、小さな芽を発見できて

ほっと胸を撫で下ろしました。


ミント類の精油の香りはとても強く

ちょっとの量だけでも

かなり香りますが


ベルガモットミントの精油の香りは

花のように儚げで

ミントに比較したら

柔らかな香りがします。


サシェ(におい袋)などに

使ってみると良いかもしれませんね。


これからの過ごしやすい季節には

雑草も生い茂ってくるので


ミント周りは雑草に根負けしないよう

注意を払っていきたいですね。


いずれ、野生の動物たちが

我が家の庭を避けてくれるための

モコモコとしたミントやぶを作りたい。





しかし、レモンバームも

かなり強靭なハーブです。


我が家のお暗い小さな庭先でも

生い茂っているくらいですから。


どこでも繁殖するみたいです。


大昔、レモンバームが生い茂り過ぎたので

夫が上を刈りそろえたら

レモン様の香りがあたり一面に漂って

気持ち良い夏の日を過ごした

思い出があります。


そんな風にまた庭づくりに

ハーブを活用していきたいですね。





今日は昨年秋に植え付けたミント類の

春の様子をお伝えしました。






アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし

起糸でした。


バイバイ。



Comments


bottom of page