top of page

ハーブで夏の肌のお手入れ

ボタニカルライフ Vol. 2 # 1


こんにちは


心とカラダを整える

ハーブ療法士のたかこです。



ハーブでお肌のお手入れができるって

ご存知でしたか?



昔からある

どくだみ化粧水を筆頭に


ハーブを抽出させたウォーターは

お肌を健やかに保つのに

とても有効であることは


昔から多くの人が

知っていたことです。



・   ・   ・   ・



しかし、今日も暑いですねー。


顔や首がやけにヒリヒリします。



毎日滝のような汗をかいて

皮膚が汗に負けたのかも

しれませんね。



あるいは、

思わぬ日焼けによるものかも。




そんな時、私はいつも

顔まわりや首筋に

冷蔵庫で冷やしたハーブウォーターを

したたるくらいスプレーします。




汗だくな顔まわりがクールダウン。



余分なハーブウォーターは

タオルでそっと優しく吸い取ります。



気持ちいいだけでなく、

ハーブウォーターは

日焼けや汗負けした肌を

整えてくれます。





ハーブにもいろいろ種類がありますが、


その中でも、オススメなのが

多年草のラベンダーです。



今日は、


いろいろある

ハーブの種類のなかでも

ひときわ良い香りのする

ラベンダーを紹介したいな、

と思います。





・・・




ラベンダーには、

消炎作用があるんです。


ラベンダーについて

詳しくは こちら をご覧ください。




消炎作用というのは、

ヒリヒリとした痛みを

抑えてくれる働きのこと。



日焼けや汗負けしたお肌に

ピッタリなんです。



ラベンダーのハーブウォーターを

スプレーで吹きつけるだけでなく、


写真のようにフェイシャルパックにして、

お肌を整える方法もあります。



パックの間は、ずーっと、

ラベンダーの甘〜い香りに癒されますよ。


とてもリラックスできます。



シュッと

時折、パックの上からスプレーして

ハーブウォーターを補充します。






ちなみに、写真の中のお花は、

この春、おうちの庭先で咲いた

ラベンダー。



ピンク色でした。


ガーデニングが好きな方は

いろいろあるハーブの種類のなかでも

ラベンダーは憧れの的。



我が家でも

猫の額ほどの庭で栽培しています。



いろいろあるハーブの種類のなかでも


細長い茎と細い葉を持つ

多年草のラベンダーは


どんどん株が大きくなってきています。



ラベンダーは乾いた土と

日当たりの良い所が好きみたい。



同じ日に植え付けた株でも


陽の当たる時間が長い場所ほど

株が大きくなります。



・・・


ところで、


精油って聞いたことがありますか?


エッセンシャルオイルとも言われます。





精油は


ハーブの香り成分を集めたもので

ぎゅっと凝縮させたものです。


200 倍濃縮とも言われています。



その精油は、水蒸気蒸留という方法で

採取されることが多いのですが、


ハーブウォーターは、その副産物で

芳香蒸留水のことです。




芳香蒸留水...




文字通り

香りのあるきれいな水のことですね。





市販のハーブウォーターには

アルコールなどの添加物が

入ったものなど様々ありますが



お肌のために


私は 100% のハーブウォーター

愛用しています。



・   ・   ・   ・   



健やかなお肌は

弱酸性という環境が整えられています。



その土壌は

常在菌が生み出す弱酸性の油脂や

絶え間なく分泌されている汗と

ないまぜになって

皮脂膜を形成し


弱酸性の環境が整えられている訳です。



その皮脂膜が

バクテリアなどのあらゆる大敵から

お肌を守ってくれています。



その弱酸性の環境が

最も、お肌に良い環境になっている

という次第です。



ところが、



汗をいっぱいかくと、

せっかく弱酸性に保たれていた環境が


アルカリ性に傾いてしまい、




ニキビの元になる

アクネ菌などが活発に働くようになり


肌環境に良くないんです。





ハーブウォーターは弱酸性です。



弱酸性のハーブウォーターで

お肌を整えるというのは、


大量の汗をかいたことで

アルカリ性に傾いてしまった


肌環境を整える


という意味合いも含まれています。



・   ・   ・   ・   



重篤なアトピー性皮膚炎で

お悩みの方から、


ハーブウォーターを

吹きつけて肌を整えると、


痒みが軽減されると伺いました。





その方は

いろいろなハーブウォーターで

試したところ


ラベンダーが一番良かったそうです。



旅行用のスプレー容器に

ラベンダーウォーターを詰め替えて


どこへ行くにも

バックに忍ばせて持ち歩き



出先で汗をかいて痒くなったら

化粧室でお化粧を直すように


お顔にシュッと吹き付けて

ティッシュでそっと拭うと


ラベンダーウォーターとともに


汗も拭えて


痒みが軽減されるそうです。




自分に合うハーブウォーターが

見つかると、安心ですね。





私もいろいろ試しました。


ラベンダーはもちろん、


いろいろあるハーブの種類のなかでも


パルマローザ


とってもさっぱりとした

使い心地で


ピンク色を連想させる

その可愛らしい

バラ様の香りとともに


長い時間、

清潔な気分が保たれ

とても気に入りました。



・   ・   ・   ・   



これまでお話ししてきたように


たくさんの汗をかく

暑い時期のお肌のお手入れに


ハーブウォーターは

欠かせません。




洗顔した後や

お風呂上がりにも


もちろん


まず、ハーブウォーターで

お肌を整えます。



いろいろあるハーブの種類のなかでも



2 種類ほどのハーブウォーターを

別容器でブレンドしたものを

使っています。



それも、

朝晩と使用するハーブウォーターを

変えています。



朝は活動的な 1 日のスタートとして


ローズマリーウォーター

クローブウォーター



夜は 1 日の終わりにリラックスできる


ローズゼラニウムウォーター

パルマローザウォーター

ローズウォーター




ブレンドは時折、変えて

新たな香りや使用感を

楽しんでいます。




               あなたにもオススメしたいです。




*ご紹介したハーブウォーター

購入について


起糸では

ハーブウォーターを

販売しています。


お問合せはこちらから





ちょっと長かったかな

と思いますが


最後まで、読んでくださり

ありがとうございました。





アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし

起糸でした。


バイバイ。




.

Comments


bottom of page