top of page

9 月の山の家の様子 その 3


こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこです。



山の家のシリーズが続いています。


今日は、


山の家でいただいた

朝ごはんのお話しです。




昨年の秋、


ちょうど一年前くらいに

デスクワークが増えたことで

自然と体重が増えました。


今までにないくらい

太ってしまったので


健康に影響するかと思い

一時期、朝食を抜いていました。


脂質エンジンをかけるためです。






人間というのは


主に糖分をエネルギーに換えて

活動しているのですが


実際のところ


糖分ばかりでなく

脂質もエネルギー変換できるんです。


朝食で炭水化物を取らないと


身体に蓄積されている脂質を

エネルギー変換していきます。


実は、


糖質から得られるエネルギーの量よりも

脂質からの方が大きいエネルギーが得られます。





よく、


朝ごはんを食べる前に運動すると良い

というのは、


ある意味、


脂質エンジンをかけることで

身体が締まってくることを指しています。





そんなことを意識しながら

うんと我慢して朝食を抜いていたら


人目にも痩せていったので

そろそろ、朝食の習慣を戻したんです。










毎朝、たっぷりカフェオレを淹れます。


香ばしいコーヒーの香りが好きなんです。



カフェオレに合わせたもう一品。




大好きなフルーツを数種ざく切りにして

カフェオレボウルに入れ


そこへ、たっぷりヨーグルをかけます。


いわゆるフルーツヨーグルト丼です。






フルーツヨーグルト丼が

カフェオレのお供です。





ヨーグルトの上に


生のブルーベリーや

ラズベリーを散らします。



フレッシュな生が手に入らない季節は

冷凍モノを使っています。




そこへ


たっぷり蜂蜜をかけていただくと

満足度が高いです。






フルーツからは果糖が得られます。


糖度の高い日本のフルーツを

取りすぎるのは問題だ


という話しもありますが...



やめられないんです。





フルーツには

できたらバナナを入れます。


ふくらはぎがけいれんするのを

未然に防いでくれるんです。




できるだけ旬のフルーツを

いただいています。


旬のものはカラダを整える意味でも

最適な食材ですし


何しろ、価格的にも安めです。





蜂蜜には


腸内細菌のエサになるものが

豊富ということで


消化器系の弱い私にとって

腸内細菌の育成が欠かせない。


善玉菌と言われるように


健全な腸内細菌育成に

食べるものにも配慮したいと考えます。



また、それだけでなく


健全な腸内細菌の育成には


お口の中の雑菌が

腸内へ送り込まれないよう


朝イチの歯磨きがオススメです。





山の家の朝では、


桃だけ手に入れて

丸ごと 1 個ざく切りにしました。







山の清水で美味しいカフェオレも淹れました。








たっぷりのカフェオレと

美味しいフルーツヨーグルト丼。




これで朝は完璧です。




美味しい食事を楽しんだら

新しい一日がスタートします。


今日もがんばろう!








今日は、山の家でいただく

朝ごはんのお話しでした。


・カフェ・オ・レ

・フルーツヨーグルト丼









お日さまと土と風と水を感じながら

植物とともにある暮らしに癒されて

ありのままでいられる暮らし


起糸でした。


バイバイ。

Comentarios


bottom of page