top of page

オリジナルフォトカード作ってみた


こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこ


更年期ママが笑顔を取り戻す

暮らしのサポーターです。



今日は、


オリジナルフォトカードを

作ってみたお話しです。




子どもの頃から

構図を考えながら

写真を撮ることが好きです。


カメラにこだわりはなく

カメラが壊れてしまった今は

スマホで撮影しています。




子どもの頃は、


修学旅行などバスの中での

クラスメートの表情を撮影しては


写真を封筒に入れて

みんなにプレゼントしていました。


何気にシェアすることが

無常の喜びだったんですね。



その傾向は今も健在ですが、


被写体は植物であったり


空や雲の様子、

夕焼けや朝焼けの色合い 美しい季節の移り変わりを 物語が感じられるような写し方が好き。


そんな普段撮っている写真を

SNSに投稿していたら


眺めているだけで癒される〜


というコメントを

数多くいただいています。





夫からも


フォトカードを販売してみたら?


知人のホームページに使う

写真を撮影してみたら?


一瞬で構図を捉える才能は

俺にはない などと言われていました。


そのうち、

季節の移りかわりのことや

山の家にまつわるワイルドライフ


私がやってみたいことなどを 1 枚の写真と共にお伝えする


フォトマガジン起糸模様を

2022 年後半にスタートさせました。



毎月、2 回発信することが

私自身も楽しみで


写真 1 枚に

どんな記事を掲載しようか


そのネタについても

暮らしの中から生み出すために


充実した日々を過ごすよう

毎日に向き合っています。



フォトマガジンについては

こちら をご覧ください。





フォトマガジンを

発信するだけでなく


購読していただいている

メンバーの方からも


フィードバックが欲しいと考えて


「あなたの十色コメント」を

匿名にして受付けています。






そんなある日、


購読されている方から、


「いずれフォトはがきが出るかも」


というコメントをいただきました。





その件について、


知人とおしゃべりしているうちに

すごくいいんじゃない?と言われ


たまたま、店で買い物をした時に

お店のオリジナルフォトカードを

プレゼントされたこともあり、


私も実際に作ってみようとなりました。








素人感満載ですが


写真のような感じで

出来上がりました。




実は、


このフォトカードは


今年のはじめ頃の

まだ寒い時期に印刷したものです。 紙袋に入れて

本棚の隙間に入れたまま

忘れていたんです。 つい、この間参加した海辺の合宿は


自分が好きなことを

カタチにするというテーマがあり メンバーには絵を描くこと

本を書くことで 自己表現しているという話が出ました。 それを私自身に当てはめてみた時に

ふと、本棚に挟まれていたままの

フォトカードを思い出したんです。 お蔵出しでした。 自分の好きなことをカタチにしたまま

眠らせていては人生つまらないと

いつもご愛顧

いただいているお客さまに


注文品を発送する際、

2 枚同封させていただきました。

お客様からは

たくさんのプレゼントをありがとう!と


喜びの声が寄せられました。






教材を発送する講座や

商品だけですが


一緒に同封できる形で


オリジナルフォトカードを

プレゼントしてみたいなと


今では、わくわくしています。






今回、こうした楽しい思いを

SNS へ投稿したところ、


フォトカードセットを

販売されてみてはどうですか?


という嬉しいコメントを

いただきました。



それは、いつか

夫にも提案されていたことでした。



こうした後押しによって

思い描いていた夢が

実際のカタチへとなっていく


そんな話しが合宿中にも

出ていたことを思い出し



自分には到底巡ってこないことだと

思い悩んでいたこともあったけど



案外、背中を押されていたことに

気づけていなかっただけなのかもしれない。


もしかすると、


物事のきっかけというのは

ほんの小さな波立ちで


まさか、それが

物事を実現させるだけの

力を備えているなんて


思いもしないことなのかもしれない。






季節が感じられる

四季折々のフォトセットを

作ってみようと思いました。



出来上がり次第、

ご報告と共に


起糸のオンラインショップへ

上げさせていただきますね。




今後も起糸をよろしくお願いします❤︎








お日さまと土と風と水を感じながら

植物と共にある暮らしに癒されて


アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし


起糸でした。


バイバイ。

Comments


bottom of page