top of page

ハーブの手仕事 初夏編 その 2

こんにちは


心とカラダを整える

ハーバルセラピストのたかこ


更年期ママが笑顔を取り戻す

暮らしのサポーターです。


台風の合間に

顔を出してくれたお日さまと

気持ちの良い風の力を借りて


先日、


カゴに入れたハーブたちは

1 日に 1 回手を入れて裏返していると


ハーブに含まれていた水分が飛んで

徐々に乾燥していきました。




今日は、


レモンバームの保存のお話しです。




我が家のお暗い庭先で


スクスクとよく育つレモンバームは

この春、すでに 2 回目の収穫でした。



たっぷり 4 〜 50cm はカットして

葉っぱと茎を別々のざるに上げ

乾燥させています。




ザルに手を入れて

底からレモンバームをすくい上げ

バサリと落としていると

草の良い香りが鼻をつきます。


ハーブを触ることで

葉っぱに含まれている水分から

乾き具合が分かるんですね。




今日は、台風の合間の晴れ模様でした。


台風からやってくる強風が

気持ちよく吹き渡る一日でした。


雲の切れ目から

強い日差しももれ


天井裏のざるの中のレモンバームは

すっかり、乾いている様子。









翌日には


大雨がやってくるという予報だったので


保存びんに入れるには

今しかないという焦りを感じました。



すでに清潔な保存びんは準備していました。



大きなコルク栓を外して


びんの中へレモンバームを

ひとつかみ入れてみると


サラサラっと音を立て

びんの中へ収まっていきました。


3 回くらいでいっぱいになってしまったので

上からぎゅっと押しながら少し足しました。







残りは、大きなジプロックに

乾燥剤と共に入れ


ぎゅっと上から押して空気を抜き

チャックを閉めました。




これまで


毎年、大量に収穫してきた

レモンバームはほとんど入浴剤に

仕立てて消費していました。


先日、


スリーピングティーのためのブレンドに

レモンバームを使おうと思い立ち


今回、


ほとんど初めて

お茶づくりとして

手仕事をしてみた次第です。


サラサラと軽やかな物音と共に

芳しい草の香りに気持ちが和みました。










お日さまと土と風と水を感じながら

植物と共にある暮らしに癒されて

アロマとハーブで

ありのままでいられる暮らし

起糸でした。

バイバイ。

bottom of page